ダウンロード

目次:
1.最新のマニアル
2.正規有償ソフト

3.お試し版ソフト
 1)P2R超音波送信ら受信までのシミュレーション
 2フォース設計

 3球面振動子と非球面振動子の比較シミュレーション 

4Wave2000用CSV変換
 5波形処理

6) 弾性体の一次元FDTD(音、海の波、地震波等)シミュレーション
4.書籍付属のシミュレーション・ソフトなどはここを参照ください。


フリー・ソフトには2種あります。完全にフリーなものと、一時的ライセンスが必要なものです。
このフリー・ライセンスは各ソフトをダウンロードし、インストール後、起動するとライセンス情報マネージャが起動します。
ライセンス情報マネージャの取得情報を貴社にEmailください。
返信で送られてきたライセンスファイルを、インストール先のディレクトリにコピーください。
それぞれのフリー・ライセンス・ソフト毎に異なるライセンス・ファイルが必要です。
ライセンス・ファイルは有効期限があります。期限を過ぎた場合は再度ソフトをダウンロードし、同じ手順でソフトを請求ください。


WIN10/WIN8/WIN7/VISTA等の対応に関して:2019/07/04

弊社の製品版及びフリーライセンス・アプリケーション・ソフトは殆どがWIN10に対応しています。一部は2000以前に開発したソフトもあり、文字化けする場合は「VisualBasic6.0SP6ランタイム」ライブラリーをインストールください。以下などから入手できます。https://www.vector.co.jphttps://forest.watch.impress.co.jp

古いPCにインストールする場合一部のSetup.exeのプロパティをWindowsXP互換モードとし、且つ特権レベルで管理者としてプログラムを起動し、インストールください。

解凍プログラムで自動インストールが行われる場合には、解凍後、自動インストールを中止し、前記要領手動行ってください。

USB用のドライバーはVISTAに対応しています。

パラレル・ポート用のドライバーは製造元ウエッブからのVISTA x32対応ドライバーをダウンロードして使用ください。最近のPCパラレルポートが実装されていない事が多いので、USBを使う方法を推奨します。


注意:自己解凍ファイルは、既にあるディレクトリに解凍する場合、その中のファイルを全て消去してから、解凍ください。解凍後のインストールが不安定になる事があります。


 著作権について
 以下のプログラムの著作権は日本国著作権法と国際法に基づき以下に所属しています。
   〒631-0063 奈良市手塚山中町12-7 宇田川 義夫


最新のマニアル

2006/07/18現在

以下のマニアルをダウンロードできます。ファイル名のエクステンションがExeの場合は、自己解凍ファイルです。

(斜角)探触子キットマニアル160kb

水浸探触子キットマニアル600kb
接触媒質に関して40kb
接触媒質の垂性60Kb

PRキットv2マニアル438kb


正規有償ソフト 及び フリー版

探触子設計用ソフト P2R  ダウンロード  フリー版はこちら

弊社で長年使ってきた、探触子開発用のソフトです。探傷器等の画面に表示されている波形と実際の音圧波形は異なります。実際にはどの様な音圧波形なのか推定すする場合に便利です。また、実験目的の波形を得るにはどの様なパルサーや探触子の条件が必要かを計算できます。

下の図はスクエアパルス励振時に広帯域且つ高感度と中帯域感度最優先の設計をした結果です。右図は右下に接触媒質の厚さによる透過損失の変化グラフを表示しています。

以下の特徴があります。

    Cap3Cap4秒単位の超高速処理です。パラメータを変えながら最良の条件を探せます。

    パラメータの変更はマウス・ホイール又は上下キーで簡単に変更でき、直ぐに結果が表示されます。

    探触子メーカの探触子設計だけでなく、原理などの説明機能付の多くのサンプル定義が含まれ、教育に使えます。教育用サンプルには原理説明が含まれています。

    送信回路からアンプ入力に至る各部での波形がグラフ出力されます。何処を変更すれば、目的の波形にできるか容易に判断できます。

    波形の高さは見やすい様に自動感度設定する機能があります。自動感度設定を解除すると、絶対感度が判り、高感優先設計に役立ちます。

    二振動子法で異なる厚さの振動子、保護膜の受信振動子での波形計算できます。

    送信パルス形状は、実際にオシロスコープで観測した励振波形が使えます。

    標準的パルサー形状のスパイクスクエアの他バースト波やチャープ波、更にはノイズ波など、標準装備しています。ガウシアン・サイン波では自然特性ガウス分布の意味が理解できます。

    パルスの立ち上がりを設定できます。

    ダンピング抵抗と波形の関係を確認できます。

    パルサー方式の違いによる感度差を容易に検討できます。

    パルサーの送信インピーダンスと波形の関係を確認できます。

    バースト波で高感度試験をする場合の最適条件を容易に得られます。

    ダンパー(バッキング材)、保護膜(整合層)、接触媒質などの音響インピーダンスと厚さを設定できます。

    振動子、ダンパー材を含む多くの材料がインストール済みです。秒単位で連続的に材料を変えながら、波形変化を知れます(右図)。

    保護膜(整合層)、接触媒質の厚さによる感度変化のグラフを自動作成します(右上図最下段右)。

    このグラフにより感度優先、波形優先、或いは両方のバランス設計が出来ます。

    波形のFFT計算機能で、完成した探触子の中心周波数を予測できます。また媒質中など各部でのFFTも可能です。(上図最下段)。

    FFTを用いパルサー方式とダンピングの違い等による中心周波数変化を調べられます。

    計算結果は境界要素法シミュレーション・ソフトWave2000/3000シリーズで使用できます。
他:オプションで、境界要素法では事実上シミュレート不可能な材料の減衰特性をシミュレートできます。高減衰材の特性を考慮した探触子の設計ができます。

 

 

 


お試し版ソフト=フリー・ライセンス・ソフト

試し版のソフトを列記します。使用に依って発生する全ての問題は、使用者自身で解決ください。弊社は発生する問題に関して一切の責任を負いません。

 

探触子設計用ソフト P2R のフリー版

 内容は正規版の一部の機能を制限したものです。学生の勉強程度には十分使えます。勉強用の代表的各種条件で設定されたファイルが同時インストールします。

ライセンス・キーを弊社に要求[1]ください。フリー版ソフトをダウンロードし、インストールしてください。最初に立ち上げるとライセンスマネージャが立ち上がります。ライセンス・キーを要れ、必要事項を入力し、PCのハード・データを取得して、出来たファイルを弊社にイーメイルしてください。フリー版用ライセンスを返信します。

 


 

フォーカスの設計  フリー・ライセンスが必要です。
フリーライセンス化に伴い、使用できる機能を多くしました。逆レイも有効に使えます。
focus
欠陥を狙うのに、どの様な探触子なら最適か? 特にフォーカス探触子の場合、入射面が曲面の場合は、結論は厄介です。そんな時に便利なソフトです。また、逆レイ法に依って、1点にフォーカスする非球面非収差探触子も計算できます。
計算結果のファイル・データを弊社にEmailして頂けると、NC加工装置が自動加工をします。
以下をダウンロードし、focus30.exeを起動してください。
自動解凍し、インストールします。

最初のプログラムの起動で、エラーが出るかも知れませんが、気にせずに、
最初に〔ファイル〕メニューの中の〔規定値を取り込む〕を操作してください。
初期化され、正常にプログラムを終了すれば、次からは正常に動作します。

フォーカス設計Focus30圧縮ファイル(10M)
本ソフト使用し、設計後に探触子の見積、製作依頼される場合は依頼用紙に記載してEmailください。

 


 

 

球面振動子と非球面振動子の比較シミュレーション

20D10M60angleShortFocus 非球面振動子でフォーカスさせると、球面とは別次元の性能が達成できます。その比較を簡易にするためのシミュレーションです。色々な表面形状に対応する非球面振動子は上記Focus30で設計できます。が、その結果が通常の球面振動子と如何に違うか知る為のフリー・ソフトです。非球面振動子の受信特性は、開口合成装置やアレイ装置の受信特性と同じですので、開口合成装置やアレイの受信フォーカス特性を知る事もできます。通常のフォーカス探触子ではフォーカス点がぼやけるのと、角度が中心ビームで計算した角度にならず、フォーカス前でも感度が高い部分があります(図上)。非球面にすると綺麗な軸対称なフォーカスを作る事が出来ます(図下)。開口合成装置やアレイ装置では受信特性は非球面と同様になりますが、送信特性は、ビームが広く、単一非球面振動子の送・受信特性には適いません。

左:設定画面 右:出力波形(エコー強度分布図[上:球面、下:非球面]とその鳥観図[青:球面、赤:非球面]

フォーカス 

 

 

 

一次元FDTD(音、楽器、地震波等)シミュレーション

一次元ですが、音圧及び粒子速度、変位、の波形の形が判るので、二次元、三次元よりFDTD音のシミュレーションより楽器の振動、地震波等の物理現象が理解できます。

重ね合わせの理の現象を音圧及び粒子速度の波形を同時に観測して、音波伝搬原理を確認できます。

 音の音圧と静的な圧力や力の違い、相互関係も理解できるでしょう。

また振動子を配置でき、そこに音が伝わった時、どの様に受信するかも表示できます。振動子厚さにより歪が変化する事が解ります。

両端の固定/自由の条件が設定でき、自由端固定端での端部反射の様子も模擬できます。

FDTDSetup1.zip(524kbyte)

 

 

 

 

 

 

 

以下フリー・ライセンスが必要です。

画像とFFT例波形とFFTダウンロード 520kB FFTSetup1.msi

色々な関数波形を作り、その波形をFFTし周波数帯域を示します。更にその波形フィルター通して、どういう波形になるか、フィルターの特性と波形の関係などを勉強するソフトです。広帯域探触子を用いた場合探傷器のダンピング抵抗が与える影響を右図は模擬しています。

 


目次へ


Wave2000用CSV変換
弊社取り扱いサイバーロジック社製シュミレーション・ソフトの波形のファイル(TXT.フォーマット)をCSVフォーマットに変換します。同時に波形も見れます

wav2kcon

自己解凍ファイルです。Wv2kCnv.exe(1,830k)

目次へ

 



[1] 本所有の方は 93kbmPWd1w7@sdgfzods93